ショックロスを防ぐことはできるか

 

『ショックロス』というのは薄毛に悩む人たちの間では
かなりポピュラーな言葉になっています。

 

しかし、実際のところ植毛先進国である欧米の植毛関係の医学書には
この言葉に関する記述はありません。

 

したがって、あくまで私的な解釈となりますが、ショックロスとは
『植毛の影響と思われる既存ヘアの一時的、または永久的脱毛』
ということになります。

 

ショックロスは植毛手術後1〜2か月後に見られるもので、
スリットを数多く設けるために、手切れ等機械的もしくは血行などの変化が原因で
一時的にヘア環境が変化し、既存のヘアが休止期に入ることで起こると考えられます。
そのため、休止期脱毛と言う言い方をする場合もあります。

 

通常、ショックロスで抜けるのは一時的脱毛(3〜4ヵ月)がほとんどですが、
細くなってきた細いヘア(最終段階のヘア)が抜けた場合、再び生えるとは言えません。
この場合は、永久脱毛ということになります

 

一般的に2回目の植毛手術を行った後に1回目に植えたヘアの脱毛はほとんどありません。
太くて健康なヘアのロスはほとんど無いか、あったとしても少なく、
逆に細くて弱いヘアのロスは多くなっています。

 

つまり、細く弱くなったヘアに植毛手術が『とどめを刺す』ということになるのです。

 

具体的にショックロスを減らすためには以下のような方針があります。

 

1.同じ範囲に植毛手術をする場合、なるべく期間をあける。
(できたら6カ月以上。)

 

2.あまり密度が下がっていない部分には、なるべく植毛を行わないようにするか
少し控えめに行うこと。

 

それでもショックロスが起こってしまった場合、休止期脱毛に関しては
3〜4カ月で回復すると考えるようにし、それでも回復しないヘアは
比較的近い将来、いずれは抜ける運命にあったと割り切るしかないと思います。

 

全く毛がない部分に植毛するのであればこのような悩みはないのですが、既存の毛がある限り、
残念ながらこの問題は残るでしょう。

 

どの程度のショックロスが起こるかという事を術前に完全に予測することは
残念ながら難しいと言わざるを得ません。

 

 

植毛手術ではなるべく小さな針を使い、ヘアとヘアの間に正確にスリットを入れるなど
注意が必要ですが、それでもヘアがかなり細くなっている場合は要注意です。

トップへ戻る