植毛した毛は抜けないのか

 

毛髪の1本1本は一定の間隔を置いて成長と脱落というサイクルを繰り返していて、
このサイクルを『毛周期』とか『ヘアサイクル』と言います。

 

つまり髪の毛にも寿命があるわけで、
この毛周期は次のような段階を繰り返すことになります。

 

1.成長期(Anagen アナゲン)
2.退後期(Catagen カタゲン)
3.休止期(Telogen テロゲン)

 

成長期は2〜5年、平均で約1000日続きます。
この成長期には、毛乳頭や毛母細胞に血液を通して栄養分が供給され、
毛芽細胞が次々に分裂して毛ケラチンなどを形成し、ヘアを上へ上へ押し上げてゆきます。

 

退後期に入ると、下部の毛組織が委縮し生成をストップし、
ヘアは抜け落ち始めますが、下部の組織がさらに委縮すると、そのFUは休止期に入ります。

 

この休止期は冬が来て地上の茎や葉が枯れてしまっても、
じっと次の春の訪れを待ち続ける球根によく似ています。

 

全体のFUのうち、成長期にあるのは90%で、残り10%に当たる約1万のFUは休止期。
つまり、冬眠状態にあると言ってもよいでしょう。

 

この休止期は数カ月続きその後、そこから新しいヘアが生えてくることになります。

 

このように、それぞれのヘアには寿命があるのですから、
抜け毛が1日に100本位あっても特に驚くことはありません。

 

ただ、抜ける毛がそれ以上増えてくると再生が追い付かずに薄毛が目立ってくるということです。
男性の薄毛の場合、ヘアラインからつむじにかけてはどんなに脱毛しても
側頭部から後頭部にかけては抜けずに残っています。

 

植毛は、抜けない部分のヘアを薄くなった部分に移動(リロケーション)する作業で、
『ドナードミナント』という理論を前提に行われています。

 

 

ドナードミナント理論

 

ヘアの性質は元々生えていた場所によって決まるという理論。
このことから、抜けない運命にある場所のヘアを薄毛の部分に移植しても、再び薄くなることがない。

 

なわち、『ドナー=提供者、採取したヘア』が『ドミナント=薄くなる運命を持った場所の性質より優先する』
ということです。

 

FUは一個一個が遺伝子を持っており、男性ホルモンに過敏に反応して抜けてしまうものと、
そうならずに成長し続けるものがあって、後頭部には抜けないタイプのFUが集中しているので、
それをドナーとして薄毛部分に移すということになります。

 

『植毛したヘアは数年で抜けてしまうのでは?』という疑問を持っている方も多いと思いますが、
の心配が無用なことは植毛の60年の歴史を見れば明らかです。

 

 

 

 

トップへ戻る