植毛した部分のニキビは問題ないか

 

植毛した部分のニキビは、術後1カ月ごろから3〜4カ月後まで
発毛の時期によくみられるものです。

 

小さなものが1か2か所ポツンポツンと出来るくらいならば
おそらく植毛手術を受けたほとんどの方が経験しているでしょう。

 

大抵の場合、ほっといて放置しておくとすぐに治り自然に赤みも取れますが、
次々に出来るのは不愉快でしょう。

 

それでも通常は発毛が終了する6カ月以降になるとだんだん無くなります。

 

たまに、内方発育毛になってしまう方もいます。
内方発育毛とは、皮膚が植えた株の上を覆ってしまい、
毛が抜け出ることができなくなってしまうことです。

 

植毛した部分にニキビが出来てしまう原因はいくつかあります。

 

1.体質的要因
顔に出来るニキビ同様で、どちらかと言えば乾燥肌というより脂性肌の方に多いようです。

 

2.外的要因
気温の高い時期はニキビが出来やすくなります。
また、かつらを使用している場合は、蒸れるのでどうしても毛嚢炎が出来やすく要注意です。

 

3.技術的要因
株を必要以上に深く入れすぎたり、植えた株に何らかの汚染があった場合などは
どうしても起こりやすいトラブルです。

 

最近は、手術用のゴム手袋のすべり止めとして使われるパウダーでさえ
株に付着するとニキビの原因となると言われています。
長時間の手術ではなるべく株を外気に触れさせないとか触らせないとか
かなりの注意が必要となります。

 

実際にそうすることでかなりのニキビの出現率は下げることが可能となっています。

 

いずれにせよ、出来てしまったとしても数か所程度であれば心配いりません。
あまり神経質にはならずにシャンプーもどんどんやってOKです。

 

普通のニキビと同じように、良く手を洗って自分でつぶしてしまっても構わない程度です。

 

ただ、かなりたくさんできてしまった場合は、やはり一度診察を受けたほうが良いです。

 

一般的には、抗生物質の外用・内服で比較的簡単に改善します。

 

尚、ニキビが出来てしまった部分だけ発毛しないということもあまり無いようなので
このことについても心配はないと思います。

トップへ戻る