唯一、発毛効果のある外用薬『ミノキシジル』

AGAの治療には外用薬も使われます。
唯一、効果が認められているのが『ミノキシジル』

 

日本では『リアップ』の名前で有名ですよね。

 

ミノキシジルは医学的に発毛効果が認められていますが、
実は、フィナステリドと同じで、初めからAGAの治療薬として開発されたものではありません。

 

元々は高血圧を抑えるための血圧降下剤として使われていました。
毛細血管などを開く血管拡張作用により、血流の通り道を広げ、
血圧を下げる効果があるためです。

 

ところが、このミノキシジルを使っていると多毛の症状が現れることが分かったのです。
よく考えれば、毛細血管が広まれば頭皮の毛根も血行が良くなり栄養や酸素がしっかり運ばれることになります。

 

すると、毛包や孟母細胞が活性化し、発毛や育毛が起こっても不思議はありません。
そのような考えからミノキシジルはAGAの薬として研究され、利用されるようになったのです。

 

ミノキシジルには2つの作用があるとされます。

 

1.休止期の毛包から初期成長期の毛包への移行促進。

 

2.後期成長期の毛包への移行促進、それに軟毛化した毛髪を太い毛に成長させる作用。

 

ただし、これも細く柔らかくなった毛髪を太く強い毛に戻すということで
本数が増えるというわけではありません。

 

使用して実感できる効果としては、産毛のようだった毛髪が軟毛に変化したり
肉眼では見えなかった毛が見えるようになったりすることがあげられます。

 

ミノキシジルは塗り薬の成分として日本でも認可され
1999年に一般医薬品『リアップ』として商品化されました。

 

今ではその成分も1%から5%にアップされとても人気の商品となっています。

 

トップへ戻る