AGAに効果を発揮する内服薬『フィナステリド』

AGAの治療で推奨されているのが内服薬・外用薬の服用です。
内服薬として推奨されているのが『フィナステリド』

 

『フィナステリド』はアメリカの製薬会社が開発した薬で、
元々前立腺肥大を改善するためのものでした。

 

ところが、この薬を飲んだ患者にひげや髪の毛が伸びる『多毛』の症状が現れたのです。

 

そもそも前立腺肥大の原因となるのは、あの『DHT』です。
AGAを引き起こす元凶である『DHT』なのです。

 

これが前立腺の受容体と結合し成長を促進して前立腺肥大や癌を引き起こします。
フィナステリドはこのDHTの生成を阻害する働きのある薬です。
AGAのメカニズムはU型5αリダクターゼと男性ホルモンの
テストステロンが結合することで生まれたDHTによって起こります。

 

フィナステリドはこのU型5αリダクターゼに作用することで
テストステロンをDHTに変換することを阻害します。
この2つが結合したとしてもDHTが出来ないようにします。

 

それにより、毛髪のヘアサイクルが短縮されることがなく脱毛が起きないようになるのです。
そのため、元は前立腺肥大の薬でしたが、AGAの治療にも効果を発揮するようになったのです。

 

アメリカでは1997年にフィナステリドをAGAの治療薬として認可。
以来、世界60か国以上で承認されています。

 

日本では2005年に厚生労働省によって承認され『プロペシア』という名前で承認されました。
プロペシアは1日1回1錠を最低半年間服用すると効果が表れてきます。
アジア人には90%の割合で効果があると言われています。

 

但し、ヘアサイクルの短縮を防ぐものなので細い髪が太くなるのがプロペシアの効果であり、
頭皮の本数が増えるわけではありません。

 

また、服用を続けている間は効きますが、飲むのを中止するとまた脱毛が始まります。

 

実は5αリダクターゼにはT型とU型があり、
プロペシアはU型5αリダクターゼを阻害する薬。

 

T型とU型両方を阻害する薬としては、新しく『サガーロ』という薬が発売されました。
両方の型の酵素を阻害するためプロペシアよりさらに強力となっています。

 

 

フィナステリドの注意点のまとめ

 

1.1日1回1錠を決まった時間に飲む。
2.女性は飲むことができない。
3.効果の発現までは最低半年が必要。
4.勃起障害などが起こることがある。
5.前立腺がん検診時は服用していることを医師に伝える。
6.割って飲まない。

 

以上のことに注意すればプロペシアやサガーロはAGA治療に非常に効果的な薬です。

 

トップへ戻る