植毛した後の床屋は大丈夫?

 

自毛植毛をした方は、床屋や美容室を訪れるのに不安を感じる方が多いようです。

 

特に洗髪の時に移植した髪が乱暴に扱われたり、
自毛植毛した事がばれるかもしれないと不安になるそうです。

 

自毛植毛した後、2週間から1ヶ月程は手術跡が残り、見た目にもすぐ分かります。
このため1ヶ月ほどで髪の毛を整髪するのに訪れる際には特に抵抗ある方が多いと思われます。

 

美容室によっては傷跡がに気づいて、大丈夫かどうか聞いてくる場合があります。
そんな時は「頭をぶつけた」とか「湿疹を掻きむしってひどくなった」など適当言っておけば、
それ以上追及してくることはあまりありません。

 

また自毛植毛をしたクリニックによっては髪のカットにも対応しています。
提携した美容室を紹介してくれるケースもあるため、
困った際には手術を受けたクリニックに相談してみるのもいいでしょう。

 

 

手術から2ヶ月ほど経てば手術跡もほとんど消え去り、目立たなくなるため、
最初の1ヶ月をどうにか乗り切ってくださいね。

 

また、自毛植毛の前に散髪を済ませておけば余計なことを考えなくてすみます。

 

自毛植毛の後はパーマは可能か?

 

自分の髪を移植するため自毛植毛で移植した髪の毛は
基本的に自分の髪なのでパーマは可能です。
自分好みのヘアースタイルを楽しむことができますが、いくつか注意点があります。

 

自毛植毛の後の注意点

 

自毛植毛をしても手術直後は安静にしなければいけません。
手術後のケアによって頭皮の健康状態は大きく左右され、
育毛の状態にも大きな影響を及ぼすためきちんとしたケアが必要になります。

 

基本的に手術2ヶ月以内はパーマをするのは止めておき、
髪に手を加えるのは整髪など必要最低限にしておきましょう。

 

また手術当日はシャンプーはせず、頭皮に刺激を与えないようにしなければなりませんが、
「枕は柔らかいもの」「枕にバスタオルを巻く」などケアを行いましょう。

 

手術後2週間ほどは激しい運動やヘルメットなどで頭に刺激を与えないように注意しましょう。
帽子などを常備しておき外を歩く際には被って、紫外線から頭皮を守ることもオススメします。

 

 

1ヶ月ほど経てば普通に過ごしても問題なく、2ヶ月すればパーマをしても問題ありません。
ただし人の体質によっては頭皮が弱く、パーマをしたら髪が抜けたり、傷んだりするケースがあります。
特に頭皮が弱って髪が抜けた方はこの傾向が強いため、
気になる方は自毛植毛をしたクリニックに予め相談しておくと良いでしょう。

 

白髪染め等の髪の毛を染める染色剤も同じように頭皮に影響を及ぼす可能性があるため気を付けましょう。
ただし染色剤の中には自然の染料を使い頭皮になるべく影響が出ないものもあるため、
自分の体質に合ったものがないか、こちらもクリニックに相談しておきましょう。

 

 

脱毛ラボ 料金プランはコチラ

トップへ戻る